大人ニキビ化粧水

敏感肌におすすめの大人ニキビ化粧水と効果的なニキビケア

敏感肌はお肌の乾燥が進んで角層が乱れ、外部刺激からお肌を守ってくれるバリア機能が低下して、肌がヒリヒリする状態のお肌。

 

化粧水がしみるようになったら敏感肌のサインです。

 

そんな状態のときにニキビができてしまうと、刺激が強いニキビ化粧水は使えません。

 

敏感肌を癒やしながらニキビを治すには?

敏感肌の直接の原因は極度の乾燥。

 

肌が乾燥すると、肌表面の角質がはがれ落ち、角層内にある天然保湿因子やセラミドといった成分がどんどん外へ流れ出てしまいます。

 

そうすると、肌表面を外部刺激から守りバリアの役割をしてくれている細胞が乱れ、隙間から刺激が直接肌内部に侵入。肌が荒れて、刺激を強く感じるようになってしまいます。

 

敏感肌を治すためにはまずは流出したセラミドを補給して、肌のバリア機能を回復させることが大切です。

 

敏感肌の状態でできたニキビを治すには、セラミドをはじめ保湿力の高い保湿成分、炎症を抑える抗炎症成分を配合したもので、なおかつ肌への刺激を抑えた化粧水を選ぶ必要があります。

 

通常の大人ニキビ化粧水は敏感肌の方には刺激が強いため、敏感肌でも使用できるニキビ化粧水をご紹介します。

 

敏感肌のの大人ニキビに効果的なスキンケア

洗顔

敏感肌の方はお肌の皮脂や水分がかなり低下している状態。

 

洗顔料は無添加の固形石けんを使い、よく泡立ててやさしく洗いましょう。

 

皮脂を洗い流してしまわないよう、熱いお湯で洗わないようにしましょう。

 

化粧水

セラミドやNMF、リピジュア、ヒアルロン酸など、保湿力の高い保湿成分を補える、刺激の少ないニキビ化粧水を選ぶことが大切。

 

手のひらで押さえるようにしてつけ、なじませます。刺激を与えるパッティングはNGです。

 

美容液

皮脂を補うためにも油分の入った乳液やクリームを使いたいところですが、ニキビができているときは毛穴を詰まらせる原因になるのであまりおすすめできません。

 

ニキビができにくく、乾燥しやすい目元などにとどめましょう。

 

油分が少なく、セラミドが配合された美容液やジェルで保湿をしっかり行い、肌を乾燥から守りましょう。

 

敏感肌ニキビ改善のためには

敏感肌で肌が弱っているときは、体を休めて皮膚の抵抗力を高めるケアも必要です。

 

肌の抵抗力を高めるカルシウムやα-リノレン酸などを意識してとるように、バランスのよい食事に心掛けましょう。

 

また、お肌のゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時の間にしっかり熟睡することで肌の再生力も高まります。

 

生活習慣を見直して、敏感肌ニキビを改善していきましょう!

 

 

大人ニキビ化粧水